セフレサイト無料

出会い系サイトの『サクラ』に注意!

 

「会う前に、もっとメールであなたのことを知りたいな!」
「ゴメン、今日は都合が付かなくて・・・」

 

あなたがセフレサイトを使っていると、このような「絶対に会うことのできない女」の存在に気付かれるかと思う。

 

仲良くなるためにメールのやり取りをし、いざ会おうとすると冒頭のような言い訳を使い、結局は会うことができない女たちのことだ。

 

 

「そういうサイトで、男を騙すような女がいるってどういうことだろう?」

 

その疑問はもっともだ、そもそも『セフレ専門出会い系サイト』は「男女のセフレ探しを全力でサポートする」ことが運営者の義務のようなものである。

 

だが、現実にはそういう女たちが数多く存在しているのだ。

 

 

では、なぜセフレサイトにはそのような女がいるのだろうか?

 

実はそれらの女たちは、サイトを活性化させるために雇われた、運営側の『サクラ』なのである。

 

サクラに騙されたことのある人であれば、当記事で十分に知識を身につけて頂きたい。

 

『サクラ』とは、セフレサイトの運営者が雇っている「女のフリをして男とメールするアルバイト」のことだ。

 

それにしても、なぜ運営側は男性のセフレ探しの邪魔をするサクラを容認しているのだろうか?

 

 

その理由は、サイト運営者とサクラ、どちらに対してもメリットがあるからである。

 

まず、サイト内で多くのサクラが「女」として活動することによって、会員同士のコミュニケーションを活発にすることができる。

 

基本的にセフレサイトを運営するためには、女性会員の確保が必須になってくる。

 

なぜなら、セフレをはじめとする「結婚・人妻・逆援助」などの出会い系サイトは、会員の8割を男性会員が占めるからだ。

 

それは、優良出会い系サイトを使ったことのある人ならば、なおさら強く感じたことがあるのではないだろうか。

 

 

「男性会員が多く、女性会員は圧倒的に少ない」

 

これが、本来の優良セフレサイトの姿である。

 

ここまで出会い系サイトが発展してきたのも、そういった男の心理を上手く利用しているからこそと言える。

 

だからこそ、男女比を平たくする、男性会員に対して「女がいますよ」というアピールをする、そのように見せかけるためにサクラが存在するのだ。

 

 

彼ら(彼女ら)がいることによって、男性会員からは多くの利用料金を獲得することもできる。

 

有料サイトであれば、サクラの働き次第で、男性会員のキャパシティ以上の金を引き出させることも可能なのだ。

 

だが、完全無料サイトや定額制サイトであれば、サクラの意味がなくなってしまう。

 

 

完全無料サイトは料金自体が発生しないし、定額制サイトは一定の金額を支払ってしまえば、それだけでセフレサイトを自由に利用できてしまうからである。

 

そのため、「メールをしてポイントを使わせる」「メールを長引かせて」などの引き延ばし戦法が通用しないのだ。

 

つまり、有料サイトでお金を払って利用するよりも、サクラができるだけ少ないこれらのサイトを利用した方が賢いと言える。

 

 

もちろん、定額制サイトよりも、完全無料セフレサイトの方が、一切お金を使う必要がないので良心的である。

 

もともと、どの料金体系にも関わらず、サクラがいない出会い系サイトはほとんど存在しないのだ。

 

その事実を考えると、サクラが1人でも少ないセフレサイトを利用したほうが良いだろう。

 

 

とは言え、「それじゃあ結局サクラを見つけにくくなるのでは・・・」などと悲しむ必要もない。

 

なぜなら、たとえどんなに多くのサクラが蔓延するサイトを利用したとしても、あなた自信がサクラの知識を深めれば何も問題はないからだ。

 

多くのサクラを観察していると、その特徴が見えてくるし、正体を見破ることもカンタンになるのである。

 

 

さすがに、プロフィールを見ただけでサクラと判別することは困難だが、俺の場合は3通ほどメールしただけで、サクラか素人かの判別ができるようになった。

 

少しの時間を取られてしまうことになるが、騙されてズブズブと労力を無駄にするよりはどんなに良いだろうか。

 

サクラを上手くかわし、素人の女を見つけて連絡を取ることができるようになれば、セフレはゲットしたも同然である。

 

そのために当サイトでサクラの見極め方を学び、素晴らしいセフレとの出会いに繋げてほしい。

セフレサイト無料