セフレサイト無料

セフレを作る前に押さえておきたい重要な知識とは?

 

1.セフレにする女の子は「彼女の劣化版」と心得よ

 

本屋で興味津々にエロ本を立ち読みするような女の子にさえ、いきなり「セフレになって下さい!」と言っても、逃げ出されるのは目に見えている。

 

もちろんこれはとても極端な例だが、ここで言いたいのは「セフレにする女の子はきちんと選ぼう!」ということだ。

 

 

例えば、多くの男性には「人妻は性欲を持て余しているため、高確率でセフレにしやすい」という間違ったイメージが定着してしまっている。

 

確かにあながち間違いではないのだが、そうではない女性のほうが圧倒的に多いということが現状なのだ。

 

幸せで円満な結婚生活を送っている、そんな相手をセフレにしようとしても、かなり無理があるとは思わないだろうか?

 

 

また、自分の年齢に焦りはじめ、本気で婚活をしているような相手はセフレにしやすい傾向がある。

 

しかし、あとあと思いもよらぬトラブルに巻き込まれたり、恨まれたりする可能性が高いため、注意深く接していく必要がある。

 

そのため、セフレにするべき女は「セフレという関係に理解がある、それが破綻してもリスクが無い相手」を選べば良いのだ。

 

 

とは言っても、あなたの好みじゃない女の子にまでレベルを下げる必要はまったくない。

 

言い方は悪いが、「セフレの目安は今までの恋人よりも3割ほど劣化版である女」が無難と言えるだろう。

 

そのくらいのレベルであれば、セフレとしてストレスを感じることはないし、過去の経験から落とせる可能性も高くなってくる。

 

 

だが、1つだけ気をつけて欲しいことがあるのだ。

 

ぞれは、「精神疾患・精神障害」を抱えている『メンヘラ』と呼ばれる女たちのこと。

 

俺の経験上、彼女たちは自分の思うようにいかないと、すぐにリストカットなどの自傷行為に走ってしまう。

 

 

もしメンヘラの女をセフレにした場合、こういうことを言われることがある。

 

「セックスしたってことは、私たち付き合ってるんだよね?」

 

「付き合ってくれないと、私何するかわからないよ?」

 

上記のような、脅しにも近いことを当たり前のようにしてくるのがメンヘラ女なのだ。

 

 

確かにセックス自体は気持ちが良いのだが、自傷行為や自殺未遂などのトラブルに巻き込まれることが圧倒的に多い。

 

そのため、セフレにするときは「元カノ・理想像よりも3割劣化した女の子」がベストである。

 

 

2.女は肉体面の寂しさからセフレを求める

 

あなたがセフレを欲しくなるのは、一体どういうときだろうか?

 

ほとんどの人は、「好きなときにセックスができる女の子が欲しいから」というのが本音なのではないだろうか。

 

 

では、女はどのような思いでセフレを作ろうとするのだろうか?

 

実を言うと、その答えは男性とほとんど変わらないのだ。

 

「体の寂しさを埋めてくれる相手が欲しいから」

 

ただそれだけの理由である。

 

 

つまり、セフレの女は「好き」と言われる前に、「ただ抱きしめてキスをして欲しい」というような想いがある。

 

彼女らが求めているのは、心を満たしてくれることではなく、欲求不満な体を満足させてくれることなのだから。

 

 

セフレではなく恋人関係であれば、もちろんこうはいかない。

 

ただいたずらに体を求めるだけでは女の心は離れていってしまうし、セックスをする前には精神的に充実させてあげなければならないからだ。

 

そのためには様々な要求に答えたり、相手に束縛されることも多くあるだろう。

 

 

肉体関係を求める男性はそれだけでストレスが溜まり、行為前に別れてしまうのがオチでもある。

 

精神的な愛情を抜きにして、女の肉体だけを純粋に楽しむことができる関係。

 

それが、セフレを作る最大のメリットと言える。

 

 

見事セフレができたなら、お互いに都合の良い日を決め、ただセックスをしてあげればいい。

 

相手とのセフレ関係を継続するためには、これだけで十分なのだ。

 

感情論を抜きにしてひたすらセックスだけにのめり込む、これが女の気持ちをつかみ、セフレ関係の後ろめたさを打ち消してしまうのである。

 

 

3.セフレを作るためには信頼関係が大切

 

いざ「セフレを作ろう!」と思っても、具体的にはどうすればいいのだろうか?

 

所詮セフレなんだから、適当に出会い系サイトで「セフレになってください」と言えばいいのでは?

 

そう考えている人は、残念ながらトラブルも後腐れもない「本物のセフレ」を作ることは難しいだろう。

 

 

よく考えてみてほしい、出会い系サイトでそのようなメールをして「いいよ」と言う相手は、90%メンヘラか裏で悪いことを企んでいる女たちである。

 

そういう相手とは一時的な欲望は満たすことができるかもしれないが、後で後悔することは目に見えている。

 

そのため、まずは「セフレ専門出会い系サイト」を使うべきである。

 

 

普通の出会い系サイトであれば、セフレに限らず色々なタイプの女が様々な目的で利用している。

 

しかし、1つのタイプに特化した専門サイトであれば、会員の目的も統一されるため、こちらとしてもセフレを作れる可能性が高まるのだ。

 

また、セフレと恋人は親密になるまでの過程はほとんど一緒である。

 

 

つまり、普通にメールを交わして、普通にデートをして、自然に信頼関係を築きあげていくことが大切なのだ。

 

その行程の途中で、セフレか恋人かに分かれていくだけの話なのだから。

 

 

つまり、セフレも恋人も「最初は仲良くなる」という根本の考えは変わることがない。

 

セフレと親密にならなくてもセックスはできるだろうが、行為の充実感は全く違ってくる。

 

 

また、お互いに信頼関係を築けていない場合、その関係は必ずと言っていいほど破綻する。

 

そのため、「仲良くならなくてもセックスさえできればいい」という考え方は、非常に危険なのだ。

 

 

4.「セフレ」と「愛人・援助交際」の違い

 

以前俺の友人に、こんなことを言う人がいた。

 

「わざわざセフレを作らなくても、愛人や援助交際でもセックスはできるんじゃない?」

 

結論から言うと、確かにその通りである。

 

 

別にセフレじゃなくとも、好きなときにエッチができるという意味では、確かに愛人や援交でも変わりはないかもしれない。

 

しかし、両者には決定的な違いがあることはお分かりだろうか?

 

 

それは、前者は無料でセックスできるが、後者は金銭が絡んでくるということである。

 

セックスのためにお金を支払って愛人契約をしたり、援助交際をするというのも、それもまた1つの方法かもしれない。

 

だが、金銭が絡むあまり、あまり快感を得られず、行為自体も淡白なものになりがちになってしまうのだ。

 

特に援助交際を生業としている女の子からすれば、「早くやることやって終わんないかな」くらいの感覚なのである。

 

相手がこんな状態では、あなたの求める快楽は得られるはずがないとは思わないだろうか?

 

 

このような関係を好む人であれば良いのだが、俺からすれば「風俗に行った方がマシ」と思ってしまうだろう。

 

セフレは「通常の異性の知り合い同士でセックスをする」からこそ、より性欲を満たすことができるのではないだろうか。

 

愛人や援助交際であれば、こういった「恋人的な感覚」はほとんど味わうことができない。

 

 

前者はお互いに純粋な快楽だけを求めて行為をするが、後者は「お金があるからしている」という思いを拭いきれず、張り合いがなくなってしまうのも事実なのだ。

 

せっかくセックスをするのだから、セフレと思いっきり行為を楽しんだ方が100倍良いだろう。

セフレサイト無料