セフレサイト無料

高確率でセフレを見つけるテクニック

 

あなたの魅力をしっかりと伝えるものとは?

 

完全無料セフレサイトは、男女のセフレ探しをサポートしてくれる素晴らしいサービスである。

 

しかし、実際にセフレを作るためには、そもそもセフレ候補の女と出会わなければ話にならない。

 

セフレサイトを利用している男性の一番頭を悩ませる部分が、まさに「女と高確率で出会う方法」なのである。

 

会ったことがない女に対して、サイト内であなたの魅力を伝えるのは、「文字」だということを認識して頂きたい。

 

「プロフィール・メール・日記」など、あらゆる機能で求められてくるのは、あなたの『文章力』である。

 

つまり、「文章力を養う = 女と高確率で出会う」と言っても過言ではないのだ。

 

まず、日常的にネットなどで情報を収集し、女を落とすために効果的な文章力を鍛えることを心がけたい。

 

 

効果的なプロフィールの書き方とは?

 

あなたは、セフレサイトを使うときに一番重要なことはなんだと思うだろうか?

 

セフレサイトに限らず、女と出会うためにもっとも気にするべき部分は、『プロフィール』の項目である。

 

女が自分のセフレを探すときに、まず最初に目を向ける部分でもあり、あなたと女を繋げる窓口となるからだ。

 

 

まず最初に、プロフィールなどでの性欲丸出しの紹介文は禁物である。

 

また、ヘタにウケを狙うためのプロフィールも、高確率でセフレを見つけるためにはやめておいたほうが良い。

 

ほとんどの男性はセフレ作りを軽く見ているのに対して、女からすれば「真剣にセフレを探したい」という人が多いのだ。

 

もともと、女はセフレサイトを使うことに「恥ずかしい」という抵抗感がある。

 

軽いプロフィールは、その気持ちに余計な拍車をかけてしまうことになるのだ。

 

 

セフレを求める女は、精神的に成熟した大人の女性がほとんどである。

 

だからこそ、最初の段階では誠実さを伝え、常識のある大人の対応を心がけて頂きたい。

 

いくらネット上の仮想世界とはいえ、相手の女は生身の人間だということを決して忘れてはいけない。

 

俺の経験からすると、一番高確率で返信してくる女は、モラルをしっかりと持った人が多かった。

 

そのため、プロフィールに「名前・年齢・趣味・仕事」などの、最低限の項目を入力しておくことが基本である。

 

ちなみに、ニックネームで印象が左右されることが多いため、女に受け入れやすいシンプルなニックネームにしておくのが良いだろう。

 

 

さらに、それらをわかりやすく簡潔な文章で書いておくことが大切である。

 

プロフィール写真に関しては、できるだけあなたの顔写真を投稿しておくのが吉だ。

 

女からすると、やはり写メの有無で与える印象はまったく変わってくるものだ。

 

もちろん写真があったほうが、あなたの人物像をイメージさせやすくなり、必然的に返信率も高くなってくる。

 

もし自分の写メを載せることに抵抗があるようなら、飼っているペットや、綺麗な景色などの写真を投稿しておこう。

 

写真が女に与える安心感は大きい、必ず何かしらの画像を載せておくのがベストである。

 

 

プロフィールでの嘘は禁物

 

これは出会い系サイト全般に言えることだが、プロフィールで虚偽の内容は書かないほうが良い。

 

たとえば、車を持っていないのに「車あります」、本当は30代なのにプロフィール上の年齢は23歳など、少しでも自分を良く見せたい気持ちはとてもわかる。

 

しかし、女に誠実さをアピールするには逆効果であるし、そのためにも本当のことを書くべきである。

 

メールのやり取りをしている間は大丈夫かもしれないが、いざ会う段階になるとそのような嘘は必ずバレる。

 

嘘に触れられて動揺したり、口ごもったりしてしまうと、「これは嘘だな」と確信されてしまうのだ。

 

 

女は嘘をつきやすい性質があるからか、嘘に対しての直感力が恐ろしく強い。

 

それがバレた瞬間にあなたの誠実さは崩れ去り、セフレ候補の女に「嘘つき」というレッテルを貼られてしまうのだ。

 

そのため、嘘はほんの些細なものに留めておくか、近々実現するようなもののほうが良いだろう。

 

いずれにせよ、高確率でセフレをゲットしたいのであれば、嘘はつかないほうが無難である。

 

 

ファーストメールの送り方

 

セフレを作るためにもっとも大切なのが、あなたから女に送る一番最初の『ファーストメール』である。

 

この内容によって、セフレ候補の女と出会えるかどうかが決まると言っても過言ではないのだ。

 

「どんなセックスが好きなんですか?」
「いくらならエッチさせてくれますか?」

 

上記のような、下ネタ満載の文章や、マナーのかけらもないメールは論外である。

 

たとえ返信がきたとしても、よっぽどパンチが効いている女か、他サイトのサクラであることは目に見えている。

 

このようなメールに対しては、真剣にセフレを見つけようとしている素人の女は、見向きもしないのが普通だからだ。

 

 

では、セフレサイトではどのようなことに注意してファーストメールを送れば良いのだろうか?

 

まず最初に注意しておくことが、いやらしい文言の乱発や、すぐに会うことを強要するメールはしないことである。

 

相手の立場になって考えてみてほしい、もし真面目にセフレを探している女ならば、そんなメールがきたら、高い確率で削除しようと思うだろう。

 

また、定型文やコピペなどの一斉送信もやめておいたほうが良い。

 

 

送る側としては楽なのだが、全ての女に対応できるような定型文など存在しないし、女にはバレてしまうものだ。

 

数打ちゃ当たる戦法なのかもしれないが、内容のないメールを100通送るくらいなら、相手のプロフィールをじっくり観察して、それぞれの女に効果的なメールを10通送ったほうが、よっぽど効率的だし財布にも優しい。

 

セフレに限らず、出会い系サイトを使う女は「自分を理解してほしい、もっと知ってほしい」と思っていることが多いので、相手のプロフィール内容を盛り込みつつ、適度にあなたのアピールをするべきである。

 

 

×ファーストメールの悪い例×

 

「あなたにとても惹かれました!直メールでやりとりしませんか?アドレスは○○です!」

 

「こんにちは、○○です。すぐ会える人はいませんか?それ以外お断りです」

 

ここまで読んで下さったあなたなら、上記のメールの悪い部分はすぐに目につくかと思う。

 

上のメールは、すぐさま直メを求めていて、しかも強引にアドレスを教えてしまっている。

 

下のメールは、挨拶こそきちんとしているものの、自分の欲望をさらけ出し、ターゲットを限定してしまっている。

 

これでは、女の気分を悪くすることはもちろん、いくら待っても返信メールがこないだろう。

 

 

○ファーストメールの良い例○

 

「○○さん、初めまして!○○の仕事をしている○○と言います!プロフィールを見させてもらいましたが、○○というところにとても共感しました!こういう女性はなかなかいないので、一度お話をしたいと思っています!もし良ければメールを下さい、待ってますね!」

 

「初めまして、○○と申します。あなたのプロフィールを拝見させて頂きました。気になったのが、趣味が○○というところです。僕も最近ハマっていて、○○について楽しくお話ができればと思い、メールさせて頂きました。お時間があるときにでも、メールを下されば嬉しいです」

 

いかがだろうか、模範解答とまではいかないが、悪い例と比較しても雲泥の差があることは明らかだ。

 

まずは軽く自己紹介をし、相手の女のプロフィールで話題にできそうな部分をピックアップ、最後には誠実さをアピールする。

 

これが、理想的なファーストメールの流れである。

 

 

NGメール集

 

1.他人の誹謗中傷

 

たとえば、有名人の悪口を言って共感を誘おうとするなど、他人の中傷を踏み台にして、共通の話題を探すという戦術もないことはない。

 

だが、聞いている女としては良い気分はしないし、あなたの人格を疑われてしまう可能性も高いため、やめておいたほうが無難である。

 

 

2.下ネタ満載のメール

 

これは今まで何度も言っていることなのだが、いくらセフレサイトとは言え、最初から下心丸出しのメールは送らないほうが良い。

 

女からすると「信頼できる男性とセフレになりたい」という想いが強いため、意外にもこういう内容のメールは避けられる傾向があるのだ。

 

 

3.あまりにも簡易なメール

 

コピペや定型文のように深く考えずに作った文章は、女から適当な人だと思われる可能性が高い。

 

結果的に返信率は低くなるし、出会いに繋がることもほとんどないだろう。

 

 

4.顔文字や絵文字を多用している

 

最初の段階ではあまり使わないようにし、ある程度やりとりしたら徐々に増やしていく、という形のほうが良い。

 

柔らかい雰囲気を出そうというのはわかるが、あまりに使いすぎると、しつこすぎて逆に悪印象となる。

 

顔文字や絵文字を使うときには、文章の半分ほどを目安にするのがベストである。

セフレサイト無料